グロトリアンン・スタインヴェッグ 1877年(製造番号3306)
Grotrian Steinweg 1877 (No.3306)
    三船文彰

ルース・スレンチェンスカ  クララ・シューマンの特注品によるグロトリアン・スタインヴェッグ社製(1877年、製造番号3306)のこのピアノは、1887年頃ドイツのクレフェルト市(デュッセルドルフ市の郊外20キロにある)でのコンサートの後クララ・シューマンによってクレフェルト市に寄贈され、長く演奏に使われたが、その後クレフェルト市郊外のLinn楽器博物館に移されたため、第二次世界大戦の連合軍による爆撃を免れた。
 1984年に再びクレフェルト市営音楽サロンに戻されるも、音楽教育に使用するのが困難になり、20年前に日本の商社に譲渡され、日本に運ばれた。
 2006年、岡山市にある劉生容記念館の所有となり、東京の武蔵野音楽大学楽器博物館所蔵のもう一台のクララ・シューマンのピアノ(1871年製)の調査をもとに、130年前の製造当時とほぼ同じ状態に修復された。
 2007年4月12日、岡山県北の山頂にある樹齢1000年の醍醐桜のもとで、ルース・スレンチェンスカがこのピアノで桜への奉納演奏を行い、クララ・シューマンのピアノの再生に至る奇跡的な過程がOHK製作のドキュメンタリー「千年桜が初めて聞いたピアノ」で放送され、大きな感動を呼んだ。
 重厚で豊かな低音、よく歌う中音域、美しく澄んだ高音に再生されたこのピアノがクララ・シューマンの魂に動かされて、どのようなメッセージをこれからわれわれに伝えてくれるのか、楽しみだ。

クララ・シューマンの特注品によるグロトリアン・スタインヴェッグ社製(1877年、製造番号3306)


 
The piano was a special order from Clara Schumann, made by Grotrian Steinweg (1877, No.3306). The piano was donated to Krefeld City (20 km from Dusseldorf) by Clara Schumann after a concert held their, and had long been used in performances. Later it was sent to Linn musical instrument museum in the suburb of Krefeld, thus having survived the bombing of Allied Army in the Second World War.
In 1984, the piano was returned to the city salon of Krefeld. However being incapable to be used in musical education, it was sold to a Japanese trading company 20 years ago.
In 2006, it was acquired by Liu Sei Yo Memorial Art Museum (Liu Mifune Art Ensemble) in Okayama city. The piano was repaired after studying another Clara Schumann's piano owned by the Museum of Musical Instruments Musashino Academia Musicae, and recovered nearly the same state as it was made 130 years ago.
April 12,2007, on the top of a mountain in the north of Okayama county, Ruth Slenczynska played this piano in a dedication concert to the 1000-year-old "Daigo" cherry tree under the tree itself. The process of the miraculous recovery of Clara Schumann's piano was recorded in the documentary video filmed by OHK, " First time in 1000 years Cherry tree meets the piano," and created a big sensation.
The recovered piano has heavy and rich bass, sonorous middle tone and beautifully pure high tone. It is interesting to see how the piano, moved by the soul of Clara Schumann, will keep on sending messages to us in the future.
translator  Kiyoko Kruzliak

[戻る]


Copyright (C) 2005 Liu Mifune Art Ensemble.All Rights Reserved.